スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[ - ]
- : - : 
<< prev entry  next entry >>

ケネス・ブラナーが「スルース(Sleuth)」をリメイク

:::: 魔笛 ::::

ケネス・ブラナーの「魔笛」のオフィシャルサイトに掲載されていた監督のインタビューを読む。シェイクスピアを現代に復活させたケネス・ブラナーの「魔笛」・・・これだけで十分ワクワクなのですが、さらにインタビュー中にわたしのこころを躍らせるひとことが・・・。
(略)・・・今編集中の最新作「スルース」という作品にはマイケル・ケインとジュード・ロウが出演してくれていますが、・・・(略)


「スルース」って、アンソニー・シェーファーの「スルース」!?興奮して調べてみたところやはりその通り!

Branagh reworking Sleuth

このドラマは数年前に劇団四季で見て、こころから「やられた!」と思った作品です。衝撃的な結末にボーゼンとしながら劇場をあとにし、その後、ふと手元のキャスト表を読み直して「・・・やられた(がっくり)」ともう一度。ここまでしてやられると、もはや快感以外の何ものでもありませんでした。舞台で目の前で見てこその衝撃という部分も大きい作品だと思うのですが、さて、この名作を天才ケネス・ブラナーがどう映画化してくれるのか楽しみなところ。
ところで、この映画にはもうひとつの話題が。

「スルース」自体は30年以上前にローレンス・オリヴィエとマイケル・ケインで映画化されています。その時は主役の作家アンドリュー・ワイクをローレンス・オリヴィエ、そしてヘア・ドレッサーのミロ(マイロ)・ティンドルをマイケル・ケインが演じたのですが、なんと今回のリメイクでは、マイケル・ケインがワイクになり、ジュード・ロウがミロだということ。ジュード・ロウは以前にも映画「アルフィー」のリメイクでかつてマイケル・ケインの演じたアルフィーを演じていて・・・「ややこしいことこの上ない」とわたしが読んだどこかのニュースにも書かれていました。

アンテナにひっかっかった映画以外はまったく見ないのですけれど、とりあえず、今年と来年?ケネス・ブラナーで楽しめそうです。ああ、本当にわくわくしてきてしまいました・・・。
映画 ]
comments(0) : trackbacks(2) : 

スポンサーサイト

[ - ]
- : - : 

COMMENTS






cookie:

TRACKBACKS

鬼才天才ケネス・ブラナー  at 2007/11/20 09:53
[ケネス・ブラナーの経歴について] ケネス・ブラナー(Kenneth Branagh、本名:Kenneth Charles Branagh 、1960年12月10日 - )はイギリスの俳優・映画監督・脚本家・プロデューサー。北アイルランド・ベルファスト出身。
ケネス・ブラナーFAN情報Net  at 2007/12/02 08:11
[ケネス・ブラナーに関するサイト] ケネス・ブラナーに関する情報ページです。
TB URL :: http://carpediem2005.jugem.jp/trackback/317