スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[ - ]
- : - : 
<< prev entry  next entry >>

GWのすべて

GWは前半1日、後半4日で全部で5日間のお休みでした。一般的なGWに比べると休みの日数は少ないのですが、満喫度では一般のお休みに負けてないつもり。

29日は仕事後にディナービュッフェ(ワイン)
30日は友人と焼肉屋(マッコリ)
1日深夜(実質2日)から早朝にサッカー観戦してほとんど寝ずに傷心を抱えたまま仕事に行き・・・
2日は仕事後に同僚たちと朝4時まで飲み会(焼酎)
3日の朝にほとんど寝ないまんま東京に行って、友人と歌舞伎座で夜の部観劇。その後、築地でお寿司食べて(日本酒)…ホテルの部屋でビール飲んで死んだように眠る。
4日は朝から歌舞伎座で昼の部観劇。夜に新幹線(ビール)で京都に戻って・・・
5日は親戚と飲み会(日本酒)。泊まりにきた妹と部屋で飲みなおして(ワイン・カンパリ)
6日は妹とキ●カツでランチ(アルコールなし!)

と、遊び食べ飲みつくしました。充実のGWでした。
三津五郎さんの若殿にこころ揺さぶられた團菊祭の感想もまたいずれ。
日々徒然 ]
comments(0) : trackbacks(2) : 

スポンサーサイト

[ - ]
- : - : 

COMMENTS






cookie:

TRACKBACKS

ワインをよく見てみると  at 2007/05/10 08:32
[ワインをよく見てみると] カンパリは、カンパリソーダ、カンパリオレンジのように、何かで単に割るだけでも特徴的な味になる。苦味が爽やかで夏向きである。ロング・ドリンクアメリカーノカンパリオレンジカンパリソーダスプモーニショート・ドリンクオールド・パルネグローニ・GWのすべて・寒い
ソムリエがごとくワインを愉しむ  at 2007/10/02 17:27
[http://winery-lab.info/834A83938370838A/] カンパリカンパリ(Campari)は酒の一種。リキュールに分類される。色は赤く、苦みがあって甘い。イタリアのトリノでバーテンダーをしていたガスパーレ・カンパリ氏(Gaspare Campari)が開発し、1860年、当時の流行に乗って「ビッテル・アルーソ・ドランディア」(オラ
TB URL :: http://carpediem2005.jugem.jp/trackback/308