スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[ - ]
- : - : 

JUGEM IT! from asahi.com:片岡愛之助さん、上方舞の楳茂都流家元に 「扇性」襲名 - 文化・芸能

asahi.com:片岡愛之助さん、上方舞の楳茂都流家元に 「扇性」襲名 - 文化・芸能

えー・・・ニュースの中身はおいておいて、とりあえず、この写真はどうかと思うのですが・・・。誰だ、わざわざこんな写真使ったの・・・。愛之助さんファンではないわたしですら引いているくらいだから、ファンの悲しみはそうとうのものなのではないかと思います。
歌舞伎 ]
comments(2) : trackbacks(0) : 

4月の観劇記録(歌舞伎)

ひさびさにこちらに出てきました。GWも終わり團菊祭も見たというのに・・・4月の芝居の感想をとりあえずメモ程度に。

●浪花花形歌舞伎第3部/松竹座
「夏祭浪花鑑」
愛之助さんの団七はどこか「上品」で、浪花のチンピラにはちょっと見えない。泥場では気迫のこもった見得のそれぞれが本当に息をのむ美しさ。千穐楽ということもあったのかもしれませんが、とても気持ちが入った殺し場でした。うっとり。
亀鶴さんの徳兵衛は、出てきた瞬間の格好よさと色っぽさにくらり。亀鶴さんは独特の色気を持っていらっしゃると思います。ただセリフが若干聞き取りにくいところがあったのは残念。

続きを読む >>
歌舞伎 ]
comments(0) : trackbacks(1) : 

7月は気になる配役目白押し

4/2記載の一部を修正。六条亭さま、ご指摘ありがとうございました!・・・は、恥ずかしい。

7月 歌舞伎座・大阪松竹座の演目が決定

7月歌舞伎座はウワサ?通り「十二夜」再演と発表がありました。
気になる配役は、昨年の初演とほぼ同じ。唯一?変わっているのが、松緑さんが演じられた大篠左大臣(オーシノー)安藤英竹に翫雀さんが配されているところかな(確認したら6月博多座もこの座組みなんですね)。松緑さんはハジけた大篠左大臣をうまく抑えて演じられていて「いいな」という感じだったのですが、計算して笑いをとりにいくことを本能的に知っている(いちおう)関西人の翫雀さんの演じる大篠左大臣安藤英竹もきっといいだろうなぁと想像されます。ただ、菊五郎劇団の「間」と翫雀さんの関西の「間」が合うかどうかが気になるところ。7月は三津五郎さん@ダンダンブエノを見に東京に行くことになるだろうから、今年の「十二夜」も見られるかな?

さて、7月といえば・・・松竹座の座組みが話題となっています。

続きを読む >>
歌舞伎 ]
comments(6) : trackbacks(0) : 

シアターコクーン「三人吉三」日程決定

Bunkamura

コクーン歌舞伎「三人吉三」
6/7(木)〜28(木)

こちらも「ほうおう」のネタから。「ほうおう」によると、コクーンの「三人吉三」は歌舞伎会での取り扱いあり!もちろん会員先行発売あり!・・・最近、歌舞伎会の会員証を使ってチケット取る機会って年に1回くらいしかないのですが、それでも、こういうことがあるから退会できない・・・。まぁ、平会員なので、どのあたりの席が手に入るのかはわかりませんけれど、でも、とにかく見に行こう!という気持ちになってきました。

あとは・・・お金の都合をつけるだけ・・・・・。4月〜8月まで5ヶ月連続東京はさすがに痛いのですが、ま、何とかしよう。
歌舞伎 ]
comments(0) : trackbacks(0) : 

歌舞伎名作撰 棒しばり・年増・供奴

歌舞伎会の会報「ほうおう」を読んでいてびっくり。なんとDVD「歌舞伎名作撰」シリーズの今月末発売のものに「棒しばり」が含まれているではありませんか!もちろん、勘三郎さん(当時:勘九郎さん)&三津五郎さんコンビのものですよ〜。
撮影は平成16年の歌舞伎座のもの。あの月は三津五郎さんが最初から最後まで出ずっぱりだったのでした。「番町皿屋敷」の純情な播磨さま、仁左衛門さん初役の知盛@「渡海屋・大物浦」が出て、勘九郎さんの相模五郎と三津五郎さんの入江丹蔵コンビ。三津五郎さんはちょっとオリジナルの魚尽くしのセリフだったはず。そして「棒しばり」。夜が通しの弁天で、あの時のだんまりでの南郷の素晴らしさ忘れられません。わたしの中の三津五郎さんベスト3に入るかも。いやぁ懐かしいなぁ・・・。昨年11月以来三津五郎さんの舞台を見ていないので、そうとう飢えた状態になりつつあります。4月の御園座の前に、やはりここはDVD購入せねばなりません。AMAZONなら予約は25%オフ!お買い得です。
歌舞伎 ]
comments(0) : trackbacks(0) :